FC2ブログ
韓国デリバリーヘルスに入り浸れた貧乏サラリーマン。 これまでの貯金と現在の収入をつぎ込み、抜け出せなくなった韓デリ世界の日記帳です。

NUDE ライム

NUDE ライム
■HPより■
ライム(20才) T165 B93 W55 H85

清楚という言葉がピッタリ、お似合いのライムちゃんの入店です!!
透き通る程に肌理細やかな真っ白の柔肌に、綺麗なEカップおっぱいが本当にたまりませんっ♪
優しい雰囲気と甘えるような可愛い顔立ちも、男心を擽ぐる超注目の新人のご入店でございます。


=====================================================

お気に入りお嬢さん裏返し後に、予定していなかった連荘モードに突入。
しかしなかなか希望のお嬢さん達との予定が合いません。
久しぶりにNUDEに電話。
動画を見る限りでは良さそうだったランお嬢さんはアウト。
ママさん?らしき女性がライムお嬢さんを猛烈プッシュされて呼ぶことに。

■ルックス■ 8
第一印象は顔色が褐色系。
色白好みなので褐色は苦手。
チェンジの言葉が頭を過ぎりましたが、満面の笑みで
『はじめまして~こんにちは~』
これで思い留まりました。
横顔は10点満点の美形。なぜか正面は7点ほど。生写真は殆ど似ていないと思います。
年齢は20代後半?
彼女の顔を見る度に何度か思い出しました。
あのすかーれっとお嬢さんのことを。
とは言っても面影30%くらいですが。

■スタイル■ 7
普通体系。少しガタイが良い体付き。ややお腹回りが緩めか。

■肌質■ 7
色は褐色。
肌の張り艶は普通。
胸は程良い大きさ。乳輪や乳首の大きさは普通だったと思います。

■感度■ 9
胸への愛撫では大人しめの反応?ちょっと記憶が飛んでいます。
秘部への愛撫では感度良く鳴きます。後半は腰を浮かせながらの感じようでした。
ガタイ語も感度良さそうな鳴きです。

■フェラ■ 8
優しく包み込むような口圧で心地良いですが、短時間対応なのが残念。
物足りなかったので、フェラの後にこちらから愛撫攻撃、ガタイ前に寝そべっている彼女に愚息を近づけて、やや逆69のような体勢でもう一度お願いしました。

■性格■ 9
ニコニコ笑顔で明るく、人見知りしなさそうな性格。

■その他■
DKの積極性はありません。仕掛ければ程良く対応。
シャワー室で挿入タイプのジェル使用。一応隠れてやっていましたがバレバレです。また、入れ方が甘いのか、舐めたら入り口がジェルでいっぱいでした。
帽子伺い⇒却下⇒外野要請⇒却下⇒内野O.Kという流れ。
具合は抜群で濡れは・・・ジェル仕込まれてましたが恐らく普通かと。
体は柔らかいほうで窮屈な体勢も可能。
部屋は少し暗くされます。
喫煙あり。

■総合■ 7
これと言った特徴は見当たらなかったです。
性格は明るかったですが、どうも波長があまり合わなかった気がします。

彼女のキーワードは
褐色系・愛撫ガタイ注の感度抜群
[ 2013/04/08 22:40 ] NUDE(ヌード) | TB(0) | CM(3)
因みに電話の予約の時に、ママさんらしき方が
『彼女あなたが仕事初めてなんです!』
と、来日しての口開け宣言ありました。
入店してから2日以上経っているのに口開けって?
入店日延びたのかな?とその時は思いましたが、他所のレポ見たら同じようなこと言っているようですので・・・
[ 2013/04/11 00:46 ] [ 編集 ]
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
[ 2013/05/30 13:43 ] [ 編集 ]
> とても魅力的な記事でした。
> また遊びに来ます!!

そんなに良かったですか?

恐縮です。
[ 2013/05/30 19:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

アムレグぽんち

Author:アムレグぽんち
記憶に残そう 韓デリ日記です。
場合によっては少し古い体験談を書くこともあり、既に帰韓している可能性もありますがご容赦下さい。
それと現在は、ブロとも申請についてはお断りさせていただいております。パスワードも公開しませんのでご了承下さい。

FC2カウンター
最新コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: