FC2ブログ
韓国デリバリーヘルスに入り浸れた貧乏サラリーマン。 これまでの貯金と現在の収入をつぎ込み、抜け出せなくなった韓デリ世界の日記帳です。

魔法の指輪 ソア

魔法の指輪 ソア
■HPより■
ソア(20) T165 B91(E) W55 H86

ぱっちりとした目がとても印象的なおっとり癒し系のソアちゃん♪
透き通るような白い肌とエロいプロポーション!!そして性格がとてもいいんです!
癒しとエロスの融合技にやられちゃう事間違いありません。
ふんわりとした優しい雰囲気で愛らしく微笑む姿にに心奪われちゃいますよ~
美乳オッパイに身も心も癒されちゃってください~♪


=====================================================

生写真が出た時は非タイプだったためスルーしていたが、なでしこのソアお嬢さんとの情報で予約。


■ルックス■ 10
8点くらいのお嬢さんと思って待機していたが、その思いを打ち砕く、良い意味での衝撃が。。。
この美貌で口内発射だったなら、前回は祭って当然。
最近引退した?ユキお嬢さんに似ている。

■スタイル■ 7
お尻~太腿に掛けてかなりドッシリしている。本人も気にしており、現在ダイエット中とのこと。
胸は天然もので程良い大きさで美乳。
乳輪の大きさはやや小さめ。
乳首の大きさもやや小さめで触ると程良く硬くなる。

■肌質■ 9
色白。
肌の張り艶は抜群。

■感度■ 9
胸の愛撫では切なく鳴く程度。
足指舐めは感度良い鳴き。
秘部への愛撫ではヒートアップはしないが感度良好。
ANも抵抗なく感度良い鳴き。
ガタイ語はヒートアップし、結構な大鳴きに。

■フェラ■ 8
口圧は抜群。
ツボへの刺激は普通。
ストロークしたり、先端舐めたり、竿舐めたりいろいろしてもらったが、ストロークが少なめに感じた。

■性格■ 9
癒し系。
甘えたような声を出して話をしてくる。作ったキャラを演じているのだろうが、接客されている側としては悪い気はしないので問題なし。

■その他■
DKの積極性はなく、仕掛けてもなかなか舌が出てこず。たまに少しだけ絡めてくるが濃厚というには乏しい。ガタイ語に没頭してくると舌の絡み具合が程良くなる。
具合は極上で絡みつき系。また濡れも多めで良い音を奏でる。
体は柔らかく、窮屈な体勢も可能。
発射後には、お嬢さんが息を整えている間、その呼吸に合わせるように、包み込んでいる愚息をキュッキュと締め付けあり。
汁を吸い取るような濃厚なお清めあり。
インターバル中は密着しての添い寝。でもすぐにこちらの体を触ってくるので、すぐに2回戦開始。
指入可能。
人工パイパン。
部屋はやや暗めにされる。
煙草は吸わず。
右肩口、腰、どちらかの片足首付近に文字のタトゥーあり。

■総合■ 9
スタイルが少し残念だが、美人でサービズも良く、癒し系キャラがツボに嵌った。
同じように癒し系のヒメお嬢さんにも興味が湧いているのだが、いつも既に予約一杯なので早めに予約してみるかな。

彼女のキーワードは
ルックス極上・色白・スタイルは下半身どっしり系・ガタイ注の感度極上・抱き心地極上・発射後に締め付けあり・濃厚なお清めあり・指入可能・人工パイパン・癒し系
[ 2014/04/08 01:05 ] 魔法の指輪 | TB(0) | CM(2)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/04/08 10:14 ] [ 編集 ]
コメントいただいた方へ

あらら、そうでしたか。
復帰後に2回入った後は他で浮気しまくってしまい、遠のいてしまってました。
そろそろ行かないと、と思っていた矢先だったのに緊急帰国ですか。
同じく再来日に期待です。
[ 2014/04/11 05:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

アムレグぽんち

Author:アムレグぽんち
記憶に残そう 韓デリ日記です。
場合によっては少し古い体験談を書くこともあり、既に帰韓している可能性もありますがご容赦下さい。
それと現在は、ブロとも申請についてはお断りさせていただいております。パスワードも公開しませんのでご了承下さい。

FC2カウンター
最新コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: